埼玉県高校入試 問題の分析

埼玉県高校入試 問題の分析

埼玉県高校入試 問題の分析

2016年度の県公立高校入試の出題方針は、

①中学校の平素の学習を重んじ、学習指導要領に基づいて出題、②基礎的な知識や技能をみる問題と共に思考力、判断力、表現力などの能力をみる問題の出題に配慮、③各教科の目標に照らして受験生の学力を十分に把握できるようにし、出題内容や出題数に配慮するとともに、記述による解答をもとめるように配慮としている。
各教科100点。5教科の大問数は計25問、小問数は計143問。県教育局による5教科の予想平均点の合計は263点で、前年度より2点増。教科ごとの予想点数は次の通り。

国語58点・数学50点・社会55点・理科50点・英語50点

続きはこちらから>>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。