トピックス

ちょっと「いい話」Vol.2 東大宮校 永嶋先生

日常におこった「ちょっといい話。」

このコーナーでは、日常におこった、ちょっと「いい話」をご紹介しています。

感動ストーリー 永嶋先生

「とある中3生との小さな奇跡」教育関係の仕事を続けてきたなかで少し心温まる話を一つ。

中3の10月に「今からでも入塾は可能でしょうか」と、御来校されたお母さんと男の子の生徒さん。話を聞くと現在の塾をやめなければいけないとのこと。テストや成績を見る限り相当下降していました。体験授業後、学力的にはなんとかなると判断し入学となりました。そこから私と彼との辛抱の一か月が始まりました。

次の期末テストまで一か月「どんな作戦を立てようか」と思っていた矢先から「無断欠席、寄り道、宿題忘れ」と問題行動の山積みでした。本人と面談を実施しその理由がすぐにわかりました。イラつくような目で吐き捨てるように「先生はみんな、僕ががんばっても認めてくれない」と話しだしました。誰も彼のことを見てあげなかったのでしょう。その場で学習計画表と国語の勉強のやり方を説明しこんなことを話しました。「次の期末テストまで先生たちの言ったことをやってみよう、それで結果が悪ければどんなことをいってもいい、先生たちのせいにしていい、だからこの一か月は必ず約束を守ろう」と。

本人は不思議な顔をしていました。それで、次の回から言うことを聞くわけがありません。私がとった方法は「本人の意思、考えを聞き認めてあげること、彼を絶対に否定しないこと」でした。補習に来ていなければ「学校の行事があったんだね、それならご飯を食べて一時間後に来よう、気をつけて来るんだよ」、宿題を忘れれば「もう一度やり方から説明しよう、10分程度かかるからお家に遅れると電話しなさい」など、考えられることはすべてやってみました。2週間ほどたつと「無断欠席、寄り道、宿題忘れ」は徐々になくなっていました。

そして期末テストになり、期末テストの結果を持ってきた彼は、恥ずかしいのかうれしいのか、もじもじしながら「結果です」と個票を見せてくれました。結果は、142点アップ、66人抜きでした。一緒に頑張った国語は96点もう少しで100点でした。私たちから「一生懸命やってよかったね」、「がんばればできるじゃん」と声をかけられると「うん、そうですね」とはにかんでいました。そして「先生、ちょっと」とよばれ、「どうした」と声をかけると、人を信用することを忘れていた彼から「先生、ありがとね」と感謝されました。

信用や信頼、絆といった言葉は美しいですが、それを実現させるにはどれだけの擦れ違いを重ねるのでしょうか。そこであきらめては講師は務まりません、だから教育に携わるのであればどれだけ「ただ甘やかすのではない無償の愛」を子供たちに注げるかではないでしょうか。信用や信頼、絆を生む源を大事にしていくことが難しいのでしょう。

これが大宇宙の片隅でおこった小さな奇跡です。ぜひ私たちと一緒にいろいろな奇跡を実現しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. テレ玉 公立高校入試の傾向と対策
    今年もサイエイが誇る正社員講師陣による、テレビ講座の時期がやって参りました。
  2. 越谷レイクタウン校
    新中学3年生(現中学2年生)「保護者説明会」のお知らせ―中学2年生の2学期から受験スタート!...
  3. 与野校外観
    11/23(木)中1・2 期末テスト前10時間大特訓!11/23(木・祝)にサイエイスクール...
  4. 第5回 中受算数御用達!〇〇式のハナシ
    第5回 中受算数御用達!〇〇式のハナシみなさんこんにちは。
  5. 小6生の冬 今はじめよう!!
    小6 新中1「安心スタートクラス」コースサイエイの冬期講習会、小学6年生は「安心スタートクラス」...
  6. 2017 冬期講習会
    小学生小6中1中2中3サイエイの冬期講習会は、到達点(ゴール)を見据えたプロ...
  7. 武蔵浦和校
    英検2次試験がんばりました!武蔵浦校では、検定対策にも力を入れています! 【第2回英語検...
  8. 蕨校
    期末テスト対策実施中!!テストに向け生徒たちは毎日塾に来て頑張っています。
  9. 武蔵浦和校
    『新中2・3対象 保護者会』のお知らせサイエイスクール武蔵浦和校では、この時期から保護者会を...
  10. 1120
    新聞に広告が折り込まれました。クリックすると大きな画面で表示されます。

おススメコンテンツ